RECOMMEND
ENTRY
LINKS
OTHERS

世界情勢・各国政府の動向

ヘッジファンド・キング「D」のナイトでもある当方が、世界情勢に強く影響を与える海外ニュースを解説。実態を伝えようとしない一般ニュースにも意見する!
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

意思決定の技術
(国際情勢 ; - ; -)
JUGEMテーマ:ビジネス

マーケットを分析・解析するには、またアイデンティティの基礎を固めて生活を充実させるためには、世界情勢や経済事情、法や価値観のトレンド、といったグランド・ストラテジーの基礎知識も必要となります。
報道規制された政財界の真相やデリバティブの高度なギミックの知識のためには、

世界情勢 国際情勢真相 デリバティブ エネルギー 天候 買収(http://www.dejavu-dd.com/)、
マーケット・ストラテジーの真髄をみたければ、
デリバティブ 買収技術 天候予測 国際情勢 世界情勢(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/)
(↑↑無料。クリックで見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、無数のミラーへの読者誘導、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報「交換」ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報「伝達」ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、「CNN」 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

先の“騎士たちのデジャ・ヴ”をご覧ください。恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。
また、メディアの技術面の第一人者たちが運営する
コンピュータの神 (http://by3h.blog111.fc2.com/ ) も、必読のサイトと言えるでしょう。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえるでしょう。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
DIA、NSA、CIA、FBIの未公開ファイルなどは、
これも、先のKights' Memories(通称;騎士たちのデジャ・ヴ)、Pandora's Box(通称;LOGOS)の
の2つが頻繁に掲載します。

白熊たちの逆襲 <世界情勢における現代ロシア>
(国際情勢 ; comments(0) ; -)


騎士たちのデジャ・ヴ
(国際情勢 ; comments(5) ; -)
報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

<<世界情勢>>


(↑↑無料。動く「世界情勢」をクリックすると見れます)
をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!
もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。
データ初期化、ポータル移管、キラー・コンテンツ削除などで大手サイトであることを秘匿、半休眠していたが、復活の兆し。

テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、
現役の投資銀行ディーラーが運営する
投資銀行ディーラーの情報交換ルーム
は、市場解析の勉強になります。

投資銀行ディーラーの情報伝達ルーム
も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。

今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。
ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。
内容は難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいると不思議に理解できます。より直接的な(そして禁断の扉)買収技術や防衛策に触れたい人は、

買収 <白騎士と黒騎士……それぞれの盟約>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50022642.html)


を。騎士たちの歴史や精神的背景・習性が解ります。

一般報道機関では、NBCやABCが完全に情報を規制される中で、

CBSと、『CNN』 が、かなり存在感を維持しています。

こうした報道機関の現状に嫌気がさしている方々には朗報があります。

メディアの明日 <テレビと新聞のニュースが死ぬ日> (http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50026856.html)


を御覧ください。
恐ろしいほど、このページの予測スケジュール通りに、メディア界は動いています。

諜報機関の中では、旧ソ連が崩壊し、

「CIA」が、存在感を強めているといえます。

そうなると、「FBI」は逆に、

CIAに封じ込められるのでしょうか。フーバーの亡霊は?
FBIの未公開ファイルなどは
騎士たちのデジャ・ヴの

<<「世界情勢」カテゴリー・アーカイブス>>(http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html)

が頻繁に掲載しますので、FBIの今後は、それらのファイルの扱いや内容で分かってくるでしょう。
ボーイングの逆襲!!
(国際情勢 ; comments(0) ; -)


dfghy
買収屋か?投資会社か?〜ブラック・ストーン〜
(国際情勢 ; comments(0) ; -)


ブラックストーン
加速するM&Aビジネス
(国際情勢 ; comments(0) ; -)

トリガー
(国際情勢 ; comments(0) ; -)

報道規制された国際情勢、政・財界の真相を知りたければ、

騎士たちのデジャ・ヴ 〜ブログ版〜

(↑↑クリックで見れます。もちろん無料)をどうぞ。
初期の、恐怖を感じるほど精密なストラテジー、後期の偉大なコトバの数々、報道規制された世界情勢の暗部をリーク!

もちろん大手ヘッジファンド・キング「D」のサイト。世界最強の男たちがどんな価値観なのか、理解できる。

データ初期化などで大手サイトであることを秘匿、半休眠していたが、復活の兆し。



テレビから週刊誌まで、報道機関の話題は投資銀行一色。そんな中で、

現役の投資銀行ディーラーの知人が運営する 投資銀行ディーラーの情報交換ルーム は、市場解析の勉強になります。

クォンタムァントム 〜投資銀行ディーラーの見解と解釈〜

も、同じ主催者です。もちろん前身は、ディーラー間の情報交換場として有名な、あの大手メルマガ。すべて同じ主催者で、投資銀行・証券業界の顔役。金融機関別、投資銀行のスタンスや、ファンダメンタルの独特な解析手法なども学べます。




今、経営者やディーラーの間で話題となっている最新経営技術として、ブランディング・テクニックとオペレーション・テクニックがあります。それを学べる場所は無に等しいといえます。

ブランド時計じかけのオレンジ が最善です。

内容はかなり難解。このサイトを勝手にリンクに貼っているサイトの多くは、 「意味不明なクール・サイト」 と説明していますが、何度も読んでいれば確実に理解できます。



国際情勢に疎い、または「全部知ってるのに情報を発信できないルール」の外務省。

笑いたい人は、外務省の世界情勢ページ をどうぞ。

もっと知っているのに、もっと発信するわけにはいかないNGO団体。

もう少し笑いたい人は、NGOの世界情勢ページ もそうぞ (←ここは所々にクリック募金をトラップのように仕掛けてあるので注意して下さい)。



一般の報道機関から情報をピックアップしているサイトの中では、世界情勢・海外ニュースの読み方 、と、国際情勢の分析と予測 が、最近の優良認定サイト。



経営者企業の論理
(国際情勢 ; comments(1) ; -)
1881年、ジョン・D・ロックフェラーは、スタンダードオイルとその配下39社を合併してスタンダードオイル・トラスト(現エクソンモービル)を結成した。同じ頃、ドイツでは、バイエル、BASF、ヘキスト(今なお大手の化学メーカー)が染料や医薬品の低価格化を進めていた。
 最近でも、企業の再編、統合と称してこのような組織がいたずらに富を消費し、改革の足を引っ張ってると攻撃されがちだが、過去100年間にわたって(世界は一つと言われだした時から)、このような組織が各工業国の経済発展と社会改革の核として機能しているのは事実である!
 第一次世界大戦前のヨーロッパにおいてドイツが最強の工業国となったのも、アメリカが20年代から60年代にかけて世界一生産性の高い国になったのも、またそれ以降において日本が潤ったのもすべて、大多数の経営者がこの論理に従って行動した結果であるはずです。

ちなみに経営者企業とは=階層構造のなかで給料をもらってるマネージャーらが事業を運営したり、投資の意思決定を下したりしている企業のことです

 日本のおいても企業買収が盛んになっている昨今、この経営者企業の誕生とその成長に関する論理は今後益々無視することはできないはず!
新興勢力ICEのCBOT対抗買収のゆくえ
(国際情勢 ; comments(0) ; -)
fghty
バークレイズのアムロ捕獲作戦!!!
(国際情勢 ; comments(0) ; -)