RECOMMEND
ENTRY
LINKS
OTHERS

世界情勢・各国政府の動向

ヘッジファンド・キング「D」のナイトでもある当方が、世界情勢に強く影響を与える海外ニュースを解説。実態を伝えようとしない一般ニュースにも意見する!
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

めざとい地銀〜集金手段は劣後債〜
(国内情勢 ; comments(0) ; -)
本日のロイターによると、早期の利上げはないとみた投資家による劣後債の需要が急速に伸びてるらしい!劣後債は例年、期末が近づくと自己資本比率の向上を目的に発行が増える傾向があるが、 今年はさらに多いという。2006年2、3月の発行総額1030億円に対し今年は2月だけで1545億円に達している。

地銀が活発に劣後債を発行しているのは、生き残り競争を背景とした地銀業界の再編が 根底にある。債権者への支払い順位が低くハイリスク・ハイリターンな劣後債は株式に近 い性格を持ち、実際に自己資本の一部として認められるため、少しでも自己資本比率を高 め、再編で有利に立とうとする地銀にとって有効な自己資本増強手段となっている。ハイ リスクであるため、本来なら高い金利を払わねばならないが、低金利の環境が続いている ため低コストでの発行が可能な状況だ。地銀の劣後債は、期間10年だが、5年後に期限前償還条項が付されている実質5年債 がほとんどで、一部に期限を定めていない永久債もある。期限前償還条項付劣後債の利率は、当初5年が固定金利で、以降が円LIBORに一定の利回りを加えた変動金利となる。 地銀が発行してきた劣後債は、残存期間で5年を割ると、BIS(国際決済銀行)の自己 資本比率規制で自己資本にカウントできる金額が毎年20%ずつ減るため、新たな発行需要を生む。

 つまり、劣後債で集めたお金に更に金利をのっけて貸し出して、その鞘をぬいて稼ぐという仕組みなわけですね!
今こそミルケンに学べ!
(国内情勢 ; comments(0) ; -)


材料!!!
(国内情勢 ; comments(0) ; -)



ブランド力を持たない老舗は恰好の餌食!!
(国内情勢 ; comments(0) ; -)
今朝の日経朝刊にもでていたが、「不二家」「サッポロ」といったところが、自社の資産に安住し危機意識が遠のいてる証拠でもあるかのように、買収のターゲットにさらされてますね!「不二家」は仕方がないとは言え、「サッポロ」なんかは、同業他社に比べて、不動産などの資産効率が非常に悪い!従って、株式市場の評価も低くなるという図式。故五島慶太氏や小佐野賢治氏のように、直球できてくれる「ハゲタカ」ばかりじゃありませんから!ホワイトナイト、ブラックナイトはますます忙しくなりそうです!
ロックフェラーはサラ金ビジネス大好き
(国内情勢 ; comments(0) ; -)
そんな事はないとは思うが、今日ロイターを見たらこんなニュースが流れていた! 



アプラス<8589.OS>は13日、新生銀行<8303.T>グループに対して優先株式による第三者割当増資を実施することを検討していると発表した。発行する優先株は2500万株を上限に調整しており、払い込み金額の下限(2000円)で発行した場合、発行総額は500億円になる。
 同社では、貸金業規制法改正などの環境変化を受け、2006年度中に利息返還損失引当金の追加引き当てや実質破たん債権の最終処理を実施するほか、営業拠点の集約や約750名の希望退職者募集を行う予定。第三者割当増資によって経営改革に向けた体質強化をねらう。      (以上:ロイター抜粋)



 アプラスの親は新生銀行だがここの筆頭株主にはデイビッド・ロックフェラーも名を連ねている。サラ金にここまで固執してる理由は定かではないが、貸し金業界を最終的には独占するぐらいのことは考えててるでしょうね!日本におけるスーパーリージョナルバンクの地位の確固たるものをねらっているのかな?
三角合併解禁
(国内情勢 ; comments(0) ; -)
いよいよ新会社法の最終目的の一つでもあった三角合併がもうすぐ解禁になります。ちょうど一年前のホリエモンや村上ファンドの件が新会社法施行の前後におこり、企業買収にたいしての危機感をもたせる意味もあったのだろう!一年の猶予をもたせ、もうすぐ解禁となるわけですね。実は、私が2月3日に掲載した「ある社会学者による世紀末予想 」は今から10年以上前の文献です。まさにあそこに書かれてることが(現実にはすでに起こってはいたが)さらに加速していくのでしょう。

 報道ではアメリカ式の企業買収などという言い方をしていますが、こんな事は大昔から世界中で行われていたこと!近いうちに、日本でもマーチン・エブナーのように、大型のディールであるにもかかわらず「使ったお金は電車賃だけ!」といったような企業買収が見られるだろう!
教育基本法改正
(国内情勢 ; comments(0) ; -)
教育基本法改正に関して、与野党でのかけひきが活発化してきている。「愛国心」の表記について議論されてるようだが、今の憲法事態アメリカがつくったものであり、日本の財政赤字から見ればあと5年から10年の間に国家倒産してもおかしくない。国家が倒産した時、国が復興するための力となるのが「愛国心」であると私は考えている。ご存知のとおり、日本は敗戦国であり、統治されたのは沖縄だけである。軍隊を置かずに、他国から「平和ボケ」と言われても他人事のように受け止めている感がる。歴代の政府高官は今の日米帝国の中で、いかに優位な立場に立つかということを考え、「先進国」と言われるまでに貢献してきた。エチオピアでは、国民の死亡率(ほとんどが餓死)が世界一であるにも関わらず、人口が増加している。あんな状態の国で生き残る人間がどれだけ強い人間になるか考えれば、インフォーマルな組織に属する人以外で、今の日本という国で将来の国力を担う人間を育てるとしたら、今から「愛国心」を植えつけるしかないでしょ!